海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ボランティア・インターンシップ > プログラム > 海外ボランティア > 中国 内モンゴル 砂漠緑化活動6日間

プログラム

中国 内モンゴル 砂漠緑化活動6日間

中国 内モンゴル 砂漠緑化活動6日間

活動先は日本に一番近い砂漠である中国の内モンゴルにあるホルチン砂漠。砂漠緑化活動を25年以上行っている日本の団体「沙漠植林ボランティア協会」の指導の元、現地の人と一緒に砂漠緑化活動を行います。消えて行く村やそこに暮らす人々を知り、最前線でボランティア活動に従事しながら、環境問題について考えます。

お申込/お問い合わせはこちら

この活動のポイント

  • 砂漠緑化活動を25年以上行っている日本の団体「沙漠植林ボランティア協会」がサポート。
  • 「地球の歩き方の旅」の活動が認められ、設立された「地球の歩き方の森」で緑化活動。
  • なかなか訪れる機会のない「内モンゴル自治区」で、現地の方と一緒に汗を流します。
  • 瀋陽の「九・一八歴史博物館」などを訪問し、平和について考えます。

  • 5月~6月出発
  • 7月~9月出発

【2018年5月~6月出発】6日間 168,000円~174,000円※現地発着 6日間 115,000円

早割特典

出発45日前までに申込んだ方は5,000円引き!

出発日・旅行代金

出発日 催行状況 旅行代金
東京・大阪発着 現地発着
2018年5月26日(土) 受付終了 168,000円 115,000円
6月9日(土) 受付終了
5月12日(土) 受付終了 174,000円
6月23日(土) 受付終了

※燃油サーチャージが別途必要です。目安額:5,000円(2018年2月1日現在)
※日本の空港施設使用料、現地空港諸税等は、旅行代金に含まれておりません。
※1人部屋追加代金:20,000円 特に1人部屋を希望されない方については、旅行会社にてお申込み順で相部屋を組んでおります。同姓の参加者が奇数の場合、最後にお申込みいただいた方は所定の1人部屋追加代金をお支払いいただくことになりますので、予めご了承ください。
※「現地発着」は現地集合・現地解散のため航空券は一切含まれておりません。集合(1日目)・解散(6日目)場所は瀋陽空港となります。集合時刻や場所などの詳細はお申込後にご案内します。

スケジュール

1日目 庫倫旗泊
午後 : 東京・大阪発、空路瀋陽へ。<直行または乗継>

夕刻 : 着後、専用車にて庫倫旗(クリンキ)のホテルへ。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】○
2日目 庫倫旗泊
午前 : 活動準備の後、"地球の歩き方の森"がある砂漠の最前線の村へ。

終日 : 植林や砂の移動を止めるための草方格作りなど、砂漠緑化活動を行います。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】〇
3日目 庫倫旗泊
午前 : 活動準備の後、"地球の歩き方の森"がある砂漠の最前線の村へ。

終日 : 2日目に引き続き、砂漠緑化活動を行います。

昼は砂漠家庭農場を見学・訪問し、昼食を取ります。地元の村人との交流をお楽しみください。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】〇
4日目 瀋陽泊
午前 : 活動準備の後、"地球の歩き方の森"のある砂漠の最前線の村にて、砂漠緑化活動。

午後 :庫倫旗(クリンキ)を出発し、砂漠の中のオアシス「大青溝(ダイセイコウ)自然保護区」「タービンチャガン砂丘」見学。 その後、瀋陽へ。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】〇
5日目 瀋陽泊
終日 : 瀋陽観光とピーススタディ
世界文化遺産「瀋陽故宮」を見学します。また、旧満州鉄道本社ビル(車窓見学)、九・一八歴史博物館または遼寧省博物館などを見学し、日本や中国の戦争の歴史を学習します。

夜 : 市内レストランにて夕食とさよならパーティー。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】〇
6日目 -
午前 : 空路、帰国の途へ。<直行または乗継>

午後 : 東京・大阪着

食事条件 : 【朝】〇 【昼】- 【夕】-

※上記日程は現地事情などにより変更になる場合があります。

  • 利用予定航空会社 : 中国南方航空、大韓航空
  • 利用予定ホテル : 庫論旗/庫倫賓館他同等クラス、 瀋陽/瀋陽凱菜大酒店・商貿飯店他同等クラス
  • 旅行代金に含まれるもの : ●往復航空運賃 ●日程表に明記された移動費用並びに観光費用 ●全行程の宿泊代 ●現地係員費用 ●食事代金:朝食5回・昼食4回・夕食5回
  • 最少催行人員 : 4名 ※添乗員は同行しませんが、現地日本語係員がお世話します。
  • 協力 : NPO 沙漠植林ボランティア協会
  • 旅行企画・実施 : 南海国際旅行

【2018年7月~9月出発】6日間 175,000円~198,000円※現地発着 6日間 115,000円

早割特典

出発45日前までに申込んだ方は5,000円引き!

出発日・旅行代金

出発日 催行状況 旅行代金
東京・大阪発着 現地発着
2018年9月1日(土) 受付終了 175,000円 115,000円
9月15日(土) 受付終了
7月28日(土) 受付終了 184,000円
8月18日(土) 受付終了
7月14日(土) 受付終了 198,000円
8月4日(土) 受付終了

※燃油サーチャージが別途必要です。目安額:5,000円(2018年4月1日現在)
※日本の空港施設使用料、現地空港諸税等は、旅行代金に含まれておりません。
※1人部屋追加代金:20,000円 特に1人部屋を希望されない方については、旅行会社にてお申込み順で相部屋を組んでおります。同姓の参加者が奇数の場合、最後にお申込みいただいた方は所定の1人部屋追加代金をお支払いいただくことになりますので、予めご了承ください。
※「現地発着」は現地集合・現地解散のため航空券は一切含まれておりません。集合(1日目)・解散(6日目)場所は瀋陽空港となります。集合時刻や場所などの詳細はお申込後にご案内します。

スケジュール

1日目 庫倫旗泊
午前または午後 : 東京・大阪発、空路瀋陽へ。<直行または乗継>

夕刻 : 着後、専用車にて庫倫旗(クリンキ)のホテルへ。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】○
2日目 庫倫旗泊
午前 : 活動準備の後、"地球の歩き方の森"がある砂漠の最前線の村へ。

終日 : 植林や砂の移動を止めるための草方格作りなど、砂漠緑化活動を行います。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】〇
3日目 庫倫旗泊
午前 : 活動準備の後、"地球の歩き方の森"がある砂漠の最前線の村へ。

終日 : 2日目に引き続き、砂漠緑化活動を行います。

昼は砂漠家庭農場を見学・訪問し、昼食を取ります。地元の村人との交流をお楽しみください。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】〇
4日目 瀋陽泊
午前 : 活動準備の後、"地球の歩き方の森"のある砂漠の最前線の村にて、砂漠緑化活動。

午後 :庫倫旗(クリンキ)を出発し、砂漠の中のオアシス「大青溝(ダイセイコウ)自然保護区」「タービンチャガン砂丘」見学。 その後、瀋陽へ。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】〇
5日目 瀋陽泊
終日 : 瀋陽観光とピーススタディ
世界文化遺産「瀋陽故宮」を見学します。また、旧満州鉄道本社ビル(車窓見学)、九・一八歴史博物館または遼寧省博物館などを見学し、日本や中国の戦争の歴史を学習します。

夜 : 市内レストランにて夕食とさよならパーティー。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】〇
6日目 -
午前 : 空路、帰国の途へ。<直行または乗継>

午後または夜 : 東京・大阪着

食事条件 : 【朝】〇 【昼】- 【夕】-

※上記日程は現地事情などにより変更になる場合があります。

  • 利用予定航空会社 : 中国南方航空、大韓航空
  • 利用予定ホテル : 庫論旗/庫倫賓館他同等クラス、 瀋陽/瀋陽凱菜大酒店・商貿飯店他同等クラス
  • 旅行代金に含まれるもの : ●往復航空運賃 ●日程表に明記された移動費用並びに観光費用 ●全行程の宿泊代 ●現地係員費用 ●食事代金:朝食5回・昼食4回・夕食5回
  • 最少催行人員 : 4名 ※添乗員は同行しませんが、現地日本語係員がお世話します。
  • 協力 : NPO 沙漠植林ボランティア協会
  • 旅行企画・実施 : 南海国際旅行

参加者体験談

NPO「沙漠植林ボランティア協会」

植林に向かうところ。これまでの参加者が植えてきた林がかなりの広さ成長しているのがわかります。植林に向かうところ。これまでの参加者が植えてきた林がかなりの広さに成長しているのがわかります。

世界各地で進行している砂漠化を食い止め、地球環境の保全と砂漠化に脅かされている人々の生活向上を目的とした活動を1990年から行っている日本の団体です。その土地、土壌に合った木の苗を植える「適地適木」という考え方で、現在までに、中国の4地域に約3万ヘクタールの木を植林してきました。これまでに多くの日本人や地元の人々がこの活動に参加しています。現在では、中国・内モンゴル自治区のホルチン砂漠とゴビ砂漠(蒙古高原)において、現地住民による自主的な砂漠緑化を支援するため、砂漠緑化技術の研究をはじめ、砂漠緑化に関する教育啓発・支援、森林農場の運営や普及支援などを行っています。

内モンゴル自治区(内蒙古自治区)

砂漠化が進んでいないフルンボイル平原(ハイラル区)。ホルチンも元々はこのような草原でした。同じ内モンゴルのフルンボイル平原(ハイラル区)。ホルチンも元々はこのような草原でした。

日本の3倍強の面積1,183,000km²に2460万人(2015年)が暮らす、中国の北にある自治区。内モンゴル自治区は青々とした草原地帯が広がる地域として有名ですが、同じ自治区内にある「ホルチン草原」は今や「ホルチン砂漠」と呼ばれ、1年に10,000平方km²、レバノンの国土と匹敵する規模で砂漠が拡大し続けています。大規模な砂漠化は過度の放牧と気候変動によってもたらされたと言われており、砂塵嵐(黄砂)の頻度増加と被害の深刻化に繋がっています。

  • 旅行代金の一部が「沙漠植林ボランティア協会」の砂漠緑化活動などに役立っています。
  • 参加者の方に帰国後、「沙漠植林ボランティア協会」より参加感謝状が贈られます。

個別相談のご予約はこちら!

お申込み・お問合わせはこちら

お申込みはこちら お問合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ・空席照会は
「地球の歩き方」の旅 南海国際旅行デスク

TEL:03-3543-9635 
営業時間 (月)~(金)10:00~18:00/(土・日・祝休み)
旅行条件書はこちら