海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ボランティア・インターンシップ > プログラム > 海外ボランティア > 社会人限定!カンボジア 国境の町ポイペトで自立支援について考える6日間

プログラム

社会人限定!カンボジア 国境の町ポイペトで自立支援について考える6日間

社会人限定!カンボジア 国境の町ポイペトで自立支援について考える6日間

活動先はタイとの国境に位置する町、ポイペト。内戦時代に広大な難民キャンプがあったこの地は、経済特区へと成長し、日系企業が次々と進出しています。そんなポイペトで、日本人の古川沙樹さんは国境食堂をオープンさせました。現地で活躍する古川さんの協力のもと、新興国として急成長を遂げるカンボジアを肌で感じ、村人や子どもたちとの触れ合いを通じて、本当に求められる自立支援について考えます。

お申込/お問い合わせはこちら

この活動のポイント

  • ポイペトで国境食堂を営み、NPOを運営する古川沙樹さんとともに町を視察。
  • 教育支援を目的としたボランティア体験で子どもたちと交流!
  • 観光都市シェムリアップと国境の町ポイペトを比較し、その背景を学びます。
  • 国際協力に関心を持つ社会人の参加がほとんど!

  • 1月~4月出発
  • 5月~6月出発
  • 7月~9月出発

【2018年4月出発】6日間 228,000円

10名以上のお申込で添乗員が同行します。

早割特典

  • 2月23日(金)までの申込で10,000円引き!
  • 3月20日(火)までの申込で5,000円引き!

出発日・旅行代金

出発日 催行状況 旅行代金
東京発着現地発着
2018年4月28日(土) 受付終了 228,000円
※受付終了
148,000円(*1)
※受付終了

(*1)現地発着の場合、航空券は原則ご自身にて手配ください。お困りの際は担当旅行会社にお問い合わせください。

※社会人限定のプログラムです。あらかじめご了承ください。
※本プログラムは、カンボジアまでの直行便を利用するため、成田空港出発のみのご案内です。
※燃油サーチャージが別途必要です。目安額:13,800円(2018年2月1日現在)
※日本の空港施設使用料、現地空港諸税は、旅行代金に含まれておりません。〈約8,500円程度〉
※1人部屋追加代金:15,000円

スケジュール

1日目 シェムリアップ泊
午前: 成田発。空路にてシェムリアップへ(乗継ぎ)。

午後:着後、ホテルへご案内。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】-
2日目 シェムリアップ泊
戦乱の歴史と現況を理解する
<歴史学習&活動準備>

午前:現地日本人スタッフによるカンボジアの歴史に関するレクチャー。「どんな歴史を歩んできたのか」「カンボジアの教育、就職事情」など、カンボジアの現況について学ぶ。その他、カンボジア語講座やポイペトに関する説明などを受ける。

午後:カンボジアの歴史をより深く学ぶため「地雷博物館」と、内戦で虐殺された方々が眠る寺院、ワット・トゥメイを見学。

夜:夕食後、シェムリアップのクメール屋台を見学。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
3日目 シェムリアップ泊
経済発展の拠点を知り、自立支援について考える
<国境の町、ポイペトへ>

午前:タイ国境の町、ポイペトへ。(150㎞/車で約2時間半)

昼:国境食堂HARUを営む古川沙樹さんと対面後、昼食会。

午後:国境の町での教育、就職事情やご自身が代表を務める自立支援NPOについて、古川さんよりお話を聞く。その後、ポイペトに住むカンボジア人の収入源のひとつであるカジノを見学。
村の子どもたちへ教育支援を目的としたボランティア体験。(衛生指導や本の読み聞かせ、折り紙で交流など)

夜:国境食堂HARUで古川沙樹さんを囲んでさよなら夕食会。夕食後、ポイペトのタイ屋台を見学。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
4日目 ポイペト泊
国境の町ポイペトと観光都市シェムリアップの村の様子を比較する
<村の生活体験>

午前:世界遺産がある都市、シェムリアップへ。(150㎞/車で約2時間半)

昼:市内レストランで昼食

午後:国民の8割以上が農業に従事しているカンボジアの農村へ。牛車に乗ったり、村の方たちと交流したり、昔ながらの暮らしを体験。

夜:参加者みなさんで活動を振り返りながらの夕食会。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
5日目 機内泊
<世界遺産アンコール遺跡群 観光>

午前:ジャングルに眠る神秘的な世界遺産アンコールワットへ。

昼:遺跡内レストランで昼食

午後:アンコールトム(バイヨン寺院、南大門他)観光。その後、カンボジアの人々の自立を目指して設立された土産物店「アンコールクッキー店」へご案内。
ご出発まで帰国の準備。(約2時間程度、ホテルは夕方まで利用できます!)

夜:空路、帰国の途へ(乗継)。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】-
6日目 -
朝:東京・大阪着。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】-

※上記日程は現地事情などにより変更になる場合があります。

  • 利用予定航空会社:全日空&カンボジア・アンコール・エア
  • 利用予定ホテル:シェムリアップ/ロイヤル・クラウンホテル ポイペト/アワールナホテル ※または同等クラス
  • 旅行代金に含まれるもの:●往復航空運賃 ●日程表に明記された移動費用並びに観光費用 ●全行程のホテル代(2~3人部屋利用) ●現地係員費用 ●食事代金:朝食4回・昼食4回・夕食3回
  • 最少催行人員:6名 ※10名以上の参加で添乗員同行
  • 協力:特定非営利活動法人サンタピアップ 代表 古川沙樹
  • 旅行企画・実施:風の旅行社

【2018年5~6月出発】6日間 178,000円

早割特典

2ヶ月前までの申込で5,000円引き!
・5月17日(木)出発なら3月17日(土)まで
・6月21日(木)出発なら4月21日(土)まで

出発日・旅行代金

出発日 催行状況 旅行代金
2018年5月17日(木) 受付終了 【東京発着】178,000円
6月21日(木) 催行決定!

※社会人限定のプログラムです。あらかじめご了承ください。
※燃油サーチャージが別途必要です。目安額:13,800円(2018年2月1日現在)
※日本の空港施設使用料、現地空港諸税は、旅行代金に含まれておりません。(約8,500円程度)
※1人部屋追加代金:15,000円

スケジュール

1日目 シェムリアップ泊
午前: 東京・大阪発。空路にてシェムリアップへ(乗継ぎ)。

午後:着後、ホテルへご案内。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】〇
2日目 シェムリアップ泊
戦乱の歴史と現況を理解する
<歴史学習&活動準備>

午前:現地日本人スタッフによるカンボジアの歴史に関するレクチャー。「どんな歴史を歩んできたのか」「カンボジアの教育、就職事情」など、カンボジアの現況について学ぶ。その他、カンボジア語講座やポイペトに関する説明などを受ける。

午後:カンボジアの歴史をより深く学ぶため「地雷博物館」と、内戦で虐殺された方々が眠る寺院、ワット・トゥメイを見学。

夜:夕食後、シェムリアップのクメール屋台を見学。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
3日目 シェムリアップ泊
経済発展の拠点を知り、自立支援について考える
<国境の町、ポイペトへ>

午前:タイ国境の町、ポイペトへ。(150㎞/車で約2時間半)

昼:国境食堂HARUを営む古川沙樹さんと対面後、昼食会。

午後:国境の町での教育、就職事情やご自身が代表を務める自立支援NPOについて、古川さんよりお話を聞く。
村の子どもたちへ教育支援を目的としたボランティア体験。(衛生指導や本の読み聞かせ、折り紙で交流など)

夜:国境食堂HARUで古川沙樹さんを囲んでさよなら夕食会。夕食後、ポイペトに住むカンボジア人の収入源のひとつであるカジノやタイ屋台を見学。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
4日目 ポイペト泊
国境の町ポイペトと観光都市シェムリアップの村の様子を比較する
<村の生活体験>

午前:世界遺産がある都市、シェムリアップへ。(150㎞/車で約2時間半)

昼:市内レストランで昼食

午後:国民の8割以上が農業に従事しているカンボジアの農村へ。牛車に乗ったり、村の方たちと交流したり、昔ながらの暮らしを体験。

夜:参加者みなさんで活動を振り返りながらの夕食会。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
5日目 機内泊
<世界遺産アンコール遺跡群 観光>

午前:ジャングルに眠る神秘的な世界遺産アンコールワットへ。

昼:遺跡内レストランで昼食

午後:アンコールトム(バイヨン寺院、南大門他)観光。その後、カンボジアの人々の自立を目指して設立された土産物店「アンコールクッキー店」へご案内。
ご出発まで帰国の準備。(約2時間程度、ホテルは夕方まで利用できます!)

夜:空路、帰国の途へ(乗継)。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】-
6日目 -
朝:東京・大阪着。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】-

※上記日程は現地事情などにより変更になる場合があります。

  • 利用予定航空会社:ベトナム航空
  • 利用予定ホテル:シェムリアップ/ロイヤル・クラウンホテル ポイペト/アワールナホテル ※または同等クラス
  • 旅行代金に含まれるもの:●往復航空運賃 ●日程表に明記された移動費用並びに観光費用 ●全行程のホテル代(2~3人部屋利用) ●現地係員費用 ●食事代金:朝食4回・昼食4回・夕食3回
  • 最少催行人員:6名 ※10名以上の参加で添乗員同行
  • 協力:特定非営利活動法人サンタピアップ 代表 古川沙樹
  • 旅行企画・実施:風の旅行社

【2018年8~9月出発】6日間 188,000円~198,000円※現地発着5日間 128,000円

早割特典

  • 5月31日(木)までの申込で10,000円引き!
  • 6月8日(金)までの申込で5,000円引き!

出発日・旅行代金

出発日 催行状況 旅行代金
東京・大阪発着現地発着
2018年7月12日(木) 募集中 188,000円 128,000円
9月13日(木) 募集中
8月23日(木) 募集中 198,000円

※社会人限定のプログラムです。あらかじめご了承ください。
※燃油サーチャージが別途必要です。目安額:12,540円(2018年2月1日現在)
※日本の空港施設使用料、現地空港諸税は、旅行代金に含まれておりません。(約8,500円程度)
※1人部屋追加代金:15,000円

スケジュール

1日目 シェムリアップ泊
午前: 東京・大阪発。空路にてシェムリアップへ(乗継ぎ)。

午後:着後、ホテルへご案内。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】〇
2日目 シェムリアップ泊
戦乱の歴史と現況を理解する
<歴史学習&活動準備>

午前:現地日本人スタッフによるカンボジアの歴史に関するレクチャー。「どんな歴史を歩んできたのか」「カンボジアの教育、就職事情」など、カンボジアの現況について学ぶ。その他、カンボジア語講座やポイペトに関する説明などを受ける。

午後:カンボジアの歴史をより深く学ぶため「地雷博物館」と、内戦で虐殺された方々が眠る寺院、ワット・トゥメイを見学。

夜:夕食後、シェムリアップのクメール屋台を見学。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
3日目 シェムリアップ泊
経済発展の拠点を知り、自立支援について考える
<国境の町、ポイペトへ>

午前:タイ国境の町、ポイペトへ。(150㎞/車で約2時間半)

昼:国境食堂HARUを営む古川沙樹さんと対面し、国境食堂でご昼食。

午後:国境の町での教育、就職事情やご自身が代表を務める自立支援NPOについて、古川さんよりお話を聞く。
村の子どもたちへ教育支援を目的としたボランティア体験。(衛生指導や本の読み聞かせ、折り紙で交流など)

夜:国境食堂HARUで古川沙樹さんを囲んださよなら夕食会。夕食後、ポイペトに住むカンボジア人の収入源のひとつであるカジノやタイ屋台を見学。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
4日目 ポイペト泊
国境の町ポイペトと観光都市シェムリアップの村の様子を比較する
<村の生活体験>

午前:世界遺産がある都市、シェムリアップへ。(150㎞/車で約2時間半)

昼:市内レストランで昼食

午後:国民の8割以上が農業に従事しているカンボジアの農村へ。牛車に乗ったり、村の方たちと交流したり、昔ながらの暮らしを体験。

夜:参加者みなさんで活動を振り返りながらの夕食会。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】〇
5日目 機内泊
<世界遺産アンコール遺跡群 観光>

午前:ジャングルに眠る神秘的な世界遺産アンコールワットへ。

昼:遺跡内レストランで昼食

午後:アンコールトム(バイヨン寺院、南大門他)観光。その後、カンボジアの人々の自立を目指して設立された土産物店「アンコールクッキー店」へご案内。
ご出発まで帰国の準備。(約2時間程度、ホテルは夕方まで利用できます!)

夜:空路、帰国の途へ(乗継)。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】〇 【夕】-
6日目 -
朝:東京・大阪着。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】-

※上記日程は現地事情などにより変更になる場合があります。

  • 利用予定航空会社:ベトナム航空
  • 利用予定ホテル:シェムリアップ/ロイヤル・クラウンホテル ポイペト/アワールナホテル ※または同等クラス
  • 旅行代金に含まれるもの:●往復航空運賃 ●日程表に明記された移動費用並びに観光費用 ●全行程のホテル代(2~3人部屋利用) ●現地係員費用 ●食事代金:朝食4回・昼食4回・夕食4回
  • 最少催行人員:4名 ※10名以上で添乗員が同行します。
  • 協力:特定非営利活動法人サンタピアップ 代表 古川沙樹
  • 旅行企画・実施:風の旅行社

お申込み・お問合わせはこちら

お申込みはこちら お問合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ・空席照会は
「地球の歩き方」の旅 ピース・イン・ツアーデスク

TEL:03-3207-3690 
営業時間 (月)~(金)10:00~18:00/ (土) 10:00~12:00、13:00~15:00 (日・祝休み)
旅行条件書はこちら