ボランティア・インターンシップTOP > 旅コラム&旅情報 > 旅行記事 > スナフキン > チベット文化を体感!香格里拉(シャングリラ)を行く

旅コラム&旅情報
2018.04.25

チベット文化を体感!香格里拉(シャングリラ)を行く

こんにちは!学生団体スナフキンの赤堀です。今回は中国雲南省の香格里拉(シャングリラ)をご紹介します。香格里拉では古くから受け継がれてきたチベット文化に触れることができます。市街は小さいですが魅力的な観光地です。

独自の文化圏へ

麗江からバスで4時間かけて山を登ります。曲がりくねった山道をハイスピードで駆け上がるハードな移動です。

麗江からバス移動

亀山公園で巨大マニ車を回す!

香格里拉バスターミナルからタクシーで10分。ホテルやお土産屋が集まる独克宗古城に到着です。亀山公園は独克宗古城の南側に位置します。

チベット仏教の必需品、マニ車

マニ車にはお経が転写されており、チベット仏教では1回時計回りに回すごとに1回お経を唱えたことになります。そのサイズは手に持てるものから寺院に建てられたものまでさまざまですが、亀山公園のマニ車はかなり大きい部類に入ります。

マニ車

もちろんこのマニ車、回せます。

回せるんですマニ車 マニ車

写真のように他の観光客と協力して引っ張るのですが、結構重い...。さらに酸素が薄いのでかなり疲れます。回し終わるとみんなで一休み。

結構重いらしい

松賛林寺でチベット文化を体感

松賛林寺は雲南省最古のチベット仏教寺院です。チベット文化が生んだ独特な構造が非常に美しいのですが、残念ながら内部は撮影禁止。寺では多くの僧が修行しており、その生活を覗くことができます。

松賛林寺 雲南省

上海や北京では得られない体験を

中国都市部とは大きく文化圏が異なる香格里拉。街でも民族衣装を着た女性を見ることができます。これから中国を旅行する方も、新しい体験を求めて足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

チベット

合わせて読みたいコンテンツ!

中国のボランティア・インターンシップ一覧へ

SNUFKIN vol.13 好評配布中!

SNUFKIN vol 13 表紙画像

vol.13は「―学生が感じた世界―マレーシア&シンガポール」。"キミと旅するフリーペーパーSNUFKIN"は地球の歩き方「成功する留学」東京デスクをはじめ、東京、神奈川、大阪で配布中!
地球の歩き方の旅の公認サークル「学生団体SNUFKIN」では新メンバーを募集しています。詳しくはinfo.snufkin@gmail.comまでお問合せください!