海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ボランティア・インターンシップ > 旅コラム&旅情報 > 旅行記事 > スナフキン > 週末弾丸ヨーロッパ!?ロシア・ウラジオストク

旅コラム&旅情報
2018.01.11

週末弾丸ヨーロッパ!?ロシア・ウラジオストク

こんにちは学生団体 スナフキンです。
「ヨーロッパに行きたいけど、週末で行くには遠すぎる...」と思っていませんか?
今回は新たな週末で行ける弾丸旅行の候補として、日本から1番近いヨーロッパを紹介したいと思います!

週末弾丸ヨーロッパ!?

1番近いヨーロッパとは....ロシアのウラジオストク!!成田空港からも直行便が出ていて、飛行機で約2時間半で行くことができます。
そして鳥取の境港から2泊3日を要しますが船で入国することも可能です。

船でロシアのウラジオストクへ

入船する港は鉄道駅と隣接していて、この駅はシベリア鉄道の始発駅でもあります。

シベリア鉄道の始発駅ウラジオストクの駅舎

見どころ1:かわいい街並み

極東でありながら、住んでる人はもちろんロシア人。建物も西洋建築のかわいい街並みです。

洋風な街並みレンガ造りの建物が並びます

見どころ2:面白い博物館

ロシアの軍事の要として発展してきたウラジオストクには面白い博物館がたくさんあります。

潜水艦の博物館潜水艦内部

潜水艦の博物館では、実際の潜水艦と同じように内部の再現されています。また、日本地図が貼られているなど、東アジアの軍事拠点ならではの展示もありました。

東アジアの軍事拠点ならではの博物館戦車の展示もあります

見どころ3:海沿いの美しい景色

海に面したウラジオストクは景色がいいところが多いのです!夏でも爽やかな風が吹いていて、海を見下ろしながら涼むととても気持ち良いです!

大きいマトリョーシカがウラジオストクの街を見下ろしています 港町ウラジオストク

ロシアのスーパーにはお惣菜の量り売りコーナーがあるので、お弁当として持って行ったり、市場で果物を持って行くと、さらに楽しいと思います。

市場でフルーツを買ってピクニックロシアのスーパーのお惣菜コーナー

街の規模

ウラジオストクの大きさは名古屋市より少し大きいぐらい。1日あれば主要な観光スポットを歩いて回ることができます。旅の終わりにマトリョーシカのお土産を購入して日本に帰りましょう!!

プーチン大統領のマトリョーシカ!さすがロシア。お土産屋さんにズラっと並ぶマトリョーシカ

気になる治安

最後にロシアの治安について。不安に感じる方も多いかと思いますが、夏の時期に行くと21~22時頃まで明るく、酔っ払いはたまにいますが、問題ないくらい治安がいい印象でした。どこか冷たい印象だったロシアでしたが、優しくてフレンドリーで驚きました。
※個人の感想です。海外旅行はどの国であっても絶対安全という確証はありません。他の国へ渡航する時と同様に、気を緩め過ぎずに十分な注意を払って旅をしましょう。

港で絵を描く人たち ウラジオストクの子どもたち

最後に・・・

ウラジオストクの難点を強いてあげると、英語が通じないこと!!
ですが私たちが訪問する側なので、最低限のロシア語を覚えておけば問題なく楽しめると思います。飛行機の便の本数は少ないですが、短期間でヨーロッパ気分を味わうにはオススメです!!
ぜひ次の旅行の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

*ロシア訪問の際にはビザの取得が必要になります。

スナフキンの記事一覧へ

SNUFKIN vol.12 好評配布中!

SNUFKINvol12表紙

vol.12は「―学生が感じた世界―イタリア共和国」。キミと旅するフリーペーパーSNUFKIN"は地球の歩き方「成功する留学」東京デスクをはじめ、東京、神奈川、大阪で配布中!

「学生団体SNUFKIN」は地球の歩き方の旅の公認サークルです
「若者に旅の魅力を伝え、旅へのキッカケを提供する」を団体理念に、フリーペーパーの制作やイベントの企画を行っています。
★スナフキンの公式Facebookにて、団体の最新情報や旅記事を配信しています。新規メンバーも募集中!
https://www.facebook.com/fp.snufkin/