海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ボランティア・インターンシップ > 旅コラム&旅情報 > 体験談 > 上智大学 カンボジア遺跡保存・修復事業を学ぶ > もっと色々なことを知りたい、学びたいと思うようになりました。

旅コラム&旅情報
2018.06.20

もっと色々なことを知りたい、学びたいと思うようになりました。

活動内容
高校生限定!上智大学 カンボジア遺跡保存・修復事業を学ぶ7日間
時期
2017夏(7月~9月)
体験者
匿名(高校2年生)

海外スタディーツアー体験談

自分自身が本当に成長し、自分の中の色々な考えや考え方が大きく変わった6日間でした。元々海外には興味があったけど、それは海外の世界遺産に行ってみたい、文化を少しだけ知りたいという気持ちでした。でも、このツアーの中でその考え方が大きく変わりました。

みんな笑顔で楽しそうな写真

みんな笑顔で楽しそうな写真

ツアー中は現地のガイドさんや先生と共に実際に現地のアンコールワットやアンコールトム、ベンメリア遺跡に行き工事している現場を見せてもらい、現地の人からも色々話を聞きました。観光として行き、見るだけじゃ分からないことを沢山教えて頂いたと共に、カンボジアの歴史についても沢山学べました。何より石澤先生をはじめ三輪先生や上智大学のスタッフさんから色々な話を聞きとても貴重な体験をさせて頂きました。

人気の写真スポットで集合写真

人気の写真スポットで集合写真

カンボジアの世界遺産アンコールワットを、外国人の手ではなく現地の人達の手で修復できるよう活動する日本人がいること。カンボジアは内戦で粛清の名のもと、多くの知識人が殺されてしまったこと。弾圧を生き残った人たちが、文化を途絶えさせないよう、命をかけて今に伝えていること。知れば知るほどもっと興味を持ち、もっと色々なことを知りたい、学びたいと思うようになりました。世界遺産や遺跡へは現地のガイドさんとともに訪れ、たくさんの説明を聞き、わからないことや疑問に思ったことがあったらすぐに質問できたところが何よりもよかったです。

空港でお別れするのが寂しかった

空港でお別れするのが寂しかった

今回のツアーは本当に自分を大きく成長させてくれて本当に貴重な体験をさせていただきました。6日間ありがとうございました。

このスタディツアーの体験談をもっと読む!

【スタディツアー】高校生限定!上智大学 カンボジア遺跡保存・修復事業を学ぶ7日間(最新の出発日一覧へ)