海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ボランティア・インターンシップ > 旅コラム&旅情報 > 体験談 > ブータン 国際支援の現場視察と農業ボランティア6日間 > 自分の将来を考えるいい機会になった。

旅コラム&旅情報
2018.03.22

自分の将来を考えるいい機会になった。

活動内容
ブータン 国際支援の現場視察と農業ボランティア6日間
時期
2014夏(7月~9月)
体験者
石川春香(大学3年生)

海外ボランティア体験談

行く前は食べ物や環境について不安もあったが、実際に行ってみると食べ物のもおいしく、ガイドさんやドライバーさん、民家の方たちもとてもいい人で本当に充実していた。民家に泊まってみんなでご飯を食べたり子供たちと遊んだことが一番心に残った。ボランティアだけでなく観光もできたこと、民泊があり現地の暮らしが体験できたこと、参加者が少なくて動きやすかった点も良かった。今までほとんど知識のなかったJICAのボランティアについてもたくさん知ることができ自分の将来を考えるいい機会になった。

民家で田んぼの雑草取り

民家で田んぼの雑草取り

ボランティアをした民家の家族とその家の前で

ボランティアをした民家の家族とその家の前で

パロとティンプーの間にある吊り橋

パロとティンプーの間にある吊り橋

西岡京治記念館の中で現地の方と

西岡京治記念館の中で現地の方と

このボランティアの体験談をもっと読む!

ブータン 国際支援の現場視察と農業ボランティア6日間(最新の出発日一覧へ)