海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ボランティア・インターンシップ > 旅コラム&旅情報 > スタッフレポート > FOOTRAVEL カンボジア サッカー交流とアンコールワット > ボールを持ってカンボジアへ!FOOTRAVELカンボジア スタッフレポート第1回(全3回)

旅コラム&旅情報
2017.12.04

ボールを持ってカンボジアへ!FOOTRAVELカンボジア スタッフレポート第1回(全3回)

海外スポーツ交流 添乗レポート

●添乗プログラム名:FOOTRAVELカンボジア サッカー交流とアンコールワット5日間-遺跡と農村の暮らしを知る-
2015年8月19日(水)~8月23日(日) 写真・文●竹嶋 友(風カルチャークラブ)

サッカー交流後に孤児院の子どもたちと

カンボジアでも若者を中心に人気が出てきているサッカー。アンコールワット中学校の生徒や孤児院の子どもたちとのサッカー交流や、アンコール遺跡観光、さらには農村の暮らしも体験してきました!全3回でお届けします。

※旅程や流れは、コースや出発日により異なりますので、本特集は一例としてご覧ください。詳しくは担当旅行会社にお問い合わせください。

2日目(カンボジア到着日の翌朝)

お揃いの特製ユニフォームでいざ出発!

今回のご参加2名様は爽やかサッカー親子(お父さん+息子さん)でした。小学生の男の子は地元のサッカークラブチームに入っているサッカー少年。お父さんは学生時代にサッカーをやられていて、現在も息子さんのクラブチームでコーチを務めていらっしゃるそうです。2日目の朝は、前日の夕食時にお渡しした特製オリジナルユニフォーム(現地で制作)を、ガイドのパナー君も含め全員で着て出発です。朝からみんなユニフォーム姿ですのでなんだか学生時代の合宿のようです(笑)。

それぞれの希望の背番号と名前をアピールする、恒例の(?)決めポーズ!

それぞれの希望の背番号と名前をアピールする、恒例の(?)決めポーズ!

1発目のサッカー交流は、孤児院の子どもたちと!

ホテルで車に乗り込み、今回の旅1発目のサッカー交流場所である、シェムリアップ市内の孤児院へ。私自身、5年以上前に初めてカンボジアの地を踏んだ際に訪問した思い出深い施設で、久しぶりの訪問に胸が高鳴ります。

施設内にある台所の1つ

施設内にある台所の1つ

孤児院に到着すると代表のヒロコさんが出迎えてくれました。その後、ヒロコさんから孤児院の創設から今に至るまでの歴史のお話を伺ったり、敷地内を歩きながら施設の案内を受けたりしました。

敷地内にはたくさんのバナナの木がありました。 ヒロコさん曰く「バナナだけは困らない」そうです。

敷地内にはたくさんのバナナの木がありました。 ヒロコさん曰く「バナナだけは困らない」そうです。

1試合目、キックオフ!

孤児院には立派な芝生のグラウンドがあります。私が5年前に来たときにはちょうどこのグラウンドを作っている最中で、孤児院の子どもたちと日本の学生さんたちと一緒に、芝生の苗を植えたのを思い出しました。そんなグラウンドで今度はサッカー交流ができるのですから、感慨深かったです。 我々がウォーミングアップがてらボールを蹴り始めると、白黒縦縞のお揃いのユニフォームを着た男の子たちが自然に集まってきて、国籍関係なくみんなでボールをまわし始めます。このあたりは、サッカー経験者であればおわかりかと思いますが、暗黙の了解というやつですね。言葉は要りません。 そろそろ試合を始めよう!という雰囲気になったので全員グラウンドの真ん中に集合し、ここで初めてお互いに自己紹介。男の子たちは孤児院で日本語の勉強もしているので、しっかりした日本語で挨拶してくれます。その後、いよいよ試合開始!

4対4でサッカー交流

4対4でサッカー交流

男の子たちの試合を、羨ましそーうに見入る女の子。この後、誘ってみたらゴールキーパーで一緒に仲間に入りました

男の子たちの試合を、羨ましそーうに見入る女の子。この後、誘ってみたらゴールキーパーで一緒に仲間に入りました

1時間半ほどサッカーを楽しんだ後お互いの健闘を讃え合い、みんなでコーラを手に乾杯! 楽しい時間はあっという間に過ぎ、ここで男の子たちは授業があるのでお別れです。孤児院の皆さんにお礼を伝え、再訪を願いながらこの場所を後にしました。

とても面倒見の良い孤児院の男の子たちと代表のヒロコさん(右)とパチリ

とても面倒見の良い孤児院の男の子たちと代表のヒロコさん(右)とパチリ

いざ、アンコールワットへ

一度ホテルで汗を流し、ユニフォームから着替えて、午後はアンコールワットを訪問します。その前に腹ごしらえのお昼ご飯。ココナッツジュースや伝統的なクメール料理を美味しくいただき、いざアンコールワットへGO!

ヴィシュヌ神像を前に、地元の方に見守られながら旅の安全を祈りました

ヴィシュヌ神像を前に、地元の方に見守られながら旅の安全を祈りました

アンコールワットは南北約1300m、東西約1500mの塀で囲まれており、五基の尖塔があるメインの中央神殿までは長い参道を歩いて行きます。中央神殿に近づくにつれてどんどんと期待が膨らんでくる構造です。

アンコールワットの中心、5本の尖塔が見えた!

アンコールワットの中心、5本の尖塔が見えた!

途中、第一回廊に描かれている見事な浮き彫り「ラーマーヤナ」の物語を見ていきます。午前中のサッカー交流時のチームメイトの顔のパナー君から、ここでは引き締まったガイドの顔のパナー君になっているのが印象的でした。

インド古代の叙事詩「ラーマーヤナ」の壁画を説明するパナー君

インド古代の叙事詩「ラーマーヤナ」の壁画を説明するパナー君

いわゆるベストシーズンからは外れている雨季でもあったためか、アンコールワット内は比較的空いていて、スムーズに各所の見どころを巡ることができました。

快く写真に応じてくださった、鮮やかな橙色の僧衣に身を包んだ僧侶

快く写真に応じてくださった、鮮やかな橙色の僧衣に身を包んだ僧侶

ホテルに戻り、夕食に近くのレストランへ。この時間にたまたまTV中継でサッカーの「カンボジア代表VSブータン代表」の試合がレストランの大型TVで放送されていて、レストラン周りで客待ちをしているトゥクトゥクのドライバーさんたちは、仕事そっちのけで大盛り上がり!思わず「ああ、ユニフォーム着てくれば良かったなぁ」と思ってしまいました。そう、FOOTRAVEL特製ユニフォームは、最新のカンボジア代表ユニフォームをベースに制作したのです!ユニフォームを着ていたら、さぞかしみんなで盛り上がれたろうなー。

夕食のレストランでサッカー観戦

夕食のレストランでサッカー観戦

3日目はアンコール中学校とサッカー交流!

添乗レポート第2回はFOOTRAVEL3日目。「アンコール中学校」の生徒さんたちとその仲間のチームとサッカー交流をします。お楽しみに!

FOOTRAVELカンボジア サッカー交流とアンコールワット5日間-遺跡と農村の暮らしを知る-

合わせて読みたいコンテンツ